2022.8.31

古美術商の看板を上げ、京都でショップをスタートして早や20年。開店以前の長い収集の年月や、オープン後の買付のための時間、、、自分でも呆れるばかりの時を「もの探し」「自分探し」に費やして来ました。思い返せば楽しいばかりの時間でしたが、気が付けばいつの間にか、古美術・骨董・ビンテージのマーケット事情も大きく様変わりしました。
これ!と心に響く良いモノは少なくなり、反比例するように価格は上昇線を辿ります。「需要が供給より大きい」状況を考えると納得の現象ですが、そんな変化の顕著なものが北欧のストーンウェアでしょう。

ストーンウェア(炻器)=高温焼成(約1200〜1300℃)で釉薬が胎土と一体化し、陶器や磁器に比べ、密に焼き締まった固くて重く丈夫な、文字通り石のような焼物です。
「美しいモノが人々の日常生活の質を高める」「Beauty for all」の信念に基づいた物作りは、北欧の製陶の分野にも大いに影響しました。大手製陶会社は工場内に工房を設立し、当代一流のアーティスト達(陶芸家に限らず彫刻家やグラフィックデザイナーなど)を国内外から迎え入れ、一点物や限定物のストーンウェアのアートピースの制作を本格的に開始しました。1930年頃の事です。
そして、シカゴ万博(1933年)、パリ万博(1937年)、また1950年代に米国、カナダを巡回した「スカンディナビア展」等を通して、北欧のストーンウェアが北米やヨーロッパの人々の興味、称賛を集め、今も’30〜60年代のモノの人気は絶大です。(ちなみに、米国のギャラリー・骨董店での人気のスタイル5選は、ルイ16世様式、アールデコ、バウハウス、ミッドセンチュリー、スカンディナビアモダンです)

 轆轤など手作りの良さを残しつつ、自然からインスパイアされた洗練された美しいフォルム。中国や日本の古い焼物から影響を受け、独自に発展させた様々な釉薬の色や表情(釉薬の専門家も工房で作業)。’30〜60年代のものは今見ても大変新鮮で、現代空間の中でも力強く存在感を放ちます。
私も大好きなジャンルのひとつですが、今の小さなパイの取り合いの様な現状に「もっと頑張って買っておけば良かった」と昔を懐かしんでも仕方ありません。今は「無理をせず、良い出会いがあった時だけ、、、」と、肩の力を抜いて下絵等にも目を向け、メッセやオークションなどで選んだのが写真のもの達です。

 

 

2022.8.18

気になりながら長い間深入り出来なかった分野に、ヨーロッパのPewter(ピューター=錫)があります。静かで力強い存在感、質感や重量感は素晴らしく、他の材質には無い魅力があります。そして、アールヌーボーやデコ期、また、それ以後のモダンなものは、作者やデザイナー、工房や制作会社などがよく知られており、価格もばらつきが少なく、私も気に入ればあまり逡巡する事なく求めます。ところが、古いもの(特に磁器の食器が一般に普及する以前)は、心惹かれても「同じ丸皿なのに、何処がどう違うのか」「なぜ、この価格なのか?」etc、(勿論、銀器同様古いものは特権階級用で希少価値もありますが)私には奥が深すぎて、感覚と僅かな知識だけで選べる範囲を超えています。

あるアート&アンティークフェアで、大変心惹かれるピューターを見てしまいました。長さ85センチは優にある、シンプルでしっかりと美しい1700年代の鹿の背肉用大盛り皿です(昔の領主達は領地で仕留めた鹿の背肉で客人をもてなした、今でもご馳走中のご馳走です)。シンプルで圧倒的な存在感はモダンでさえありました。値段は、やはり、非常に高価です。「きっと売れないだろうナ」「どれだけ値引いてくれるのかナ」と密かに思い暫く様子を見ることにして、再びスタンドに戻ろうと足を向けると、遠くからでも穴が空いたようにその気配が無くなっていました。自身が古いピューターのコレクターでもある店主は、私を見て気の毒そうに「売れてしまった!」と、、、。

ところで、スウェーデンで一番と言われた彫銀家のW.Nilsson(1897–1974年)がいます。彼の銀作品は装飾を廃したシンプルな形状に、当時としては画期的な艶を消した仕上げで、ピューターのように落ち着いた重厚感があります。見る度に「これぞ洗練の極み」と感嘆し、頭にしっかり焼き付いています。また、逃したもののあの忘れがたい大盛り皿の姿が記憶の片隅にあり、出会い求めたのが写真の18世紀末のバロック型のピューターの盛り皿です。撮影のために雰囲気や時代を意識して、折々に求めたボヘミアの宙吹きデキャンターや本、羊皮紙に書かれた教会音楽の譜面などを並べると、何だか17、8世紀の静物画の雰囲気に包まれた画面となりました。

 

2022.7.30

 

これは2年前の秋に見つかったティアラです。「見つかった」というより「見つけた」という方がふさわしい出会いでした。

「なにか珍しい、興味そそられるものが見たいナ」と思う時にお邪魔するその骨董屋さんは、敷居が高いのかそうでないのか、よく解らない所です。品揃えは、考古学的発掘物、古いコイン、エジプト、ローマ時代の柱の断片など、完全に男性好みながら、私は「何に使われたのか?それでも心惹かれる」という類のモノとの出会いを求めて此処に出かけます。店主は50代前半、10代はじめに学芸員の母親と共にローマに住み、以来、古いものに憑かれた筋金入りです。人柄もマナーも大変よく、居心地良いため、ついつい長居する1軒です。その日もいつのように椅子に座り、コーヒーを頂きながら薄暗い店内を見回すと、後ろのカーテンポールの端に無造作に掛けてある存在に目が止まりました。見せて頂くとホコリを被った古いティアラで、揺れる中央の百合の花、麦の穂、葡萄の葉の飾り、、、作りやスタイル、経年変化などから見て明らかにフランスの19世紀中期、ナポレオン三世時代のものです。早速、買い求め家に帰り丁寧にホコリを除くと、往年の美しさが蘇りました。それを眺め、やれやれ向こう一週間「卵料理が続くナ(こちらで節約する時に使う表現です)、、、」。それでも満腹感を味わえる出会いでした。