2022.11.7

ミュージアム企画展「クリスマス」展 11月20日(日)〜12月25日(日)

キリスト教徒にとって大切な、イエス様の生誕を祝うクリスマス(=降誕祭)。暗い冬の北ヨーロッパの人々にとって、冬至より一日一日陽が長くなっていく、光の折返し点のお祝いでもあります。1ヶ月前(待降節=Advent)から飾り付けなど準備して祝祭ムードを盛り上げます。クリスマスにちなむ手仕事作品も、高揚感作りには大切なものです。そんなクリスマス関連の手仕事作品を展示し、光を、春を待ちわびる気持ちや、暗い季節を乗り切るための工夫なども感じ取って頂ければ幸いです。是非、お出かけ下さい。
営業時間:11:00~17:00、定休日:水・木曜
年末年始休館:12月28日(水)〜1月5日(木)、新年は6日(金)より営業

 

2022.10.22

営業時間のお知らせ

営業時間:11:00~17:00、定休日:水・木曜日

2022.10.21

もう随分昔の事になりますが、それでも、買った時の状況は今も鮮明に覚えている、ある鳥籠についてが今回のお話です。

私の年中行事の一つになりつつあった、夏に一度開かれる野外骨董市。場所は南スウェーデンの、氷河によって削り取られた後の、緑連なる丘陵地に挟まれた草原です。ホテルも何もなく、近郊の町のB&B を探して泊まる2日間の買付けの旅。自然に囲まれながら良い出会いを求めて、真剣に、そして半ばピクニック気分で店を周ります。

 大勢の出店者が並ぶ中、順序を決めて周っていると、ある白いテント屋根の下に鎮座する、それは見事な針金細工の古い大きな鳥籠が目に飛び込んで来ました。1800年代末期のスウェーデン製だと店主がいう鳥籠は、3階建ての、幾つもの窓や扉のある、“ちょっとした館” 風情の建物の形で、既に何人かがその前に佇み、熱い視線を注いでいました。

 古い鳥籠は、西洋ではインテリアオブジェとして大変人気の高いアイテムです。しかし、私は鳥籠を探していたわけではなく、例え買っても「どうやって日本に送るの?」と、別の私が囁きました。しかし、全体の姿や屋根や壁、扉や窓の針金細工の様々な表現はとても味があり、「こんな魅力的なモノを見逃す事は、とても出来ない」と、運送などはその時考えることにして、購入を決めました。

 支払いを済ませ、少し離れた駐車場まで夫と二人で運ぶ道すがら、多くの人達が鳥籠に目を止め、 「素晴らしいネ」、「おめでとう」などなど様々な反応を返してくれます。その中の一人が、「これは素敵なFir de fer(フィル・ド・フェール=仏語で鉄の糸の意)だネ」と鳥籠について教えてくれたのです。言葉は聞いた事はありましたが、自分の手の中の、目の前のものがFir de ferだとは知りませんでした。

 「Fir de fer」、、、後日調べると、フランスで19世紀、針金の束とペンチ等簡単な道具を携え村から村を旅し、市で実演販売をしていた。それが、フランスと深い繋がりのあるスウェーデン(フランスから王様を招聘した歴史、文化あり)にも伝わった。確かにフランスでは、野菜入れや花摘み籠、卵入れ、、、針金で作られた様々なFir de ferの古い暮らしの道具が今も見られます。

 日本でも、竹細工のザルや籠、箒などを山盛り天秤棒にぶら下げ担いで売り歩く、髷頭の男性の古い写真を見た事があります。アジアの手近な材料=竹で作る道具、、、虫籠や鳥籠だってありました。しかし、Fil de ferのものには、鉛筆の一筆描きに似た自由な線の動きの面白さ、味わいがあります。そして、何より存在が軽やかで室内空間を邪魔しません。心惹かれる針金細工のものに出会うと幾つか求めました。決して価値ある、家宝になるようなものではなく、あくまで線や味わいが楽しめるモノです。

 写真の上2つは真正のFil de fer で、次の花摘み籠と襟飾り用スタンド、台所道具はベル・エポック時代(1900年代初期、鍋敷きは中期)の機械工程が少し入った時代のものです。

 この鳥籠のその後は如何に、、、?
コペンハーゲンの我が家で2年ほど植物を入れ、眺め楽しんでいたのをご覧になった客人のもとにお嫁に行きました。緑の草原で見つかった鳥籠が大切に梱包されて、今、日本で花入れとして愛用されています。「良いものは世界を巡る」という言葉を思い出しました。