緑釉銀彩ストーンウエア「Argenta」

  • デザイン:Wilhelm Kåge(1889-1960)
  • 制作:Gustavsberg
  • 時代:1930年代
  • サイズ:口径4.8×H11.6㎝
  • 「"Argenta "=銀の意。青緑の釉薬を掛け焼成した上に、銀で模様を施し、1936年のストックホルム万博に出品して大変な評判を呼んだストーンウェア 。以来、Gustavsberg社よりアートピースとして、60年代頃まで制作されました。その見どころは、釉薬の色、形、銀彩による図柄でしょう。」