青磁貫入金彩面取茶入

  • 制作:ロイヤルコペンハーゲン
  • 時代:1942年
  • 国:デンマーク
  • サイズ:底径5.3×7.4×H12.6㎝
  • 「欧州の名窯は、その磁器の生産の始まりから、様々に中国の焼物の影響を受けています。これは、ロイヤルコペンハーゲン社の1942年製、貫入青磁茶入で、空の青をお手本にした色や、緑がかった色等で制作しています。しかし、形は大変西洋的なアール・デコ調で、蓋のつまみもギリシャ時代の文様、パルメッタ(椰子の葉)です。」

sold out