素描「母と子」

  • 作:恩地 孝四郎 (1891-1955)
  • 時代:1919年作
  • サイズ:作品 18.6×25.8、
  • 額 36.3×43.8㎝
  • 「連続する丸い線が、幸せな情景の象徴でもあるかのように、二色のコンテを使い描かれた母と子。深い母の愛、それを見つめる父である画家。愛情や充足感が作品全面に溢れている。日本の抽象美術の先駆者と謳われ、2016年には東京国立近代美術館で回顧展が開催された。」
  • ・額裏に、長男の恩地邦郎氏による自筆の作品タイトルとサイン有り